Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マクロビオティック(久司道夫先生)
そもそも、このサイトをはじめようと思ったのは
最近、少々(?)かじったミッチー(及川光博さん)や
マクロビオティック(料理法)やシュタイナー等々を記しとこう・・と思って始めたんだけど
気がつけば、9割5分がミッチーだらけになってしまい
ちょっと、マクロビのことも書こうかと思います。

マクロビオティックに出会ったのは、
普通の居酒屋さんが、ある時マクロビオティック料理を提供するレストラン&料理教室
に変身してしまい、そこのオーナーさんもみるみるうちに、健康的に痩せられ。
知り合いの知り合いが、マクロビの講演を聴きに言ったら
なんでも「人間は鳥を食べると、鳥っぽくなり、豚を食べるとブタっぽくなり」
ということを聞きかじり、なんだか変なものだな〜と思っていました。
  
で、料理を食べに行くと「野菜も多いし、けっこうおいしいじゃん!!」
で、料理教室へ行くことに。

そして、そこで教わったこと
この世はでできていること
中庸にすることで、バランスが保たれる
人間の主食は精製していない穀物(玄米)が良い
マクロビは料理だけをとらえたものではなく、
       宇宙のしくみにそって人間の生き方を考えたもの
もともと、マクロビは桜沢如一先生が考えはじめられ
私の行った料理教室は、そこからまた派出(?)した九司道夫先生
去年は2回、九司先生の講演をきく機会がありました。

入院している大豆アレルギーの子供に
大豆不使用の味噌・醤油を探して自然食品のお店に探しに行ったとき
「うちでは、それは、とりよせになります・・・
 昔ながらの製法の大豆醤油・味噌ならおいてあります」と言われ、
「あれ?」と思ったんですが

大豆アレルギーの人が、昔からの製法で作られた味噌や醤油を使っても、
  十分に醗酵がすすみ、大豆は分解されているので、アレルギー症状はでない。

  今、科学的処理をされた製品は、短期間で醗酵(もどき)された為、
                   大豆の成分が、残っており症状がでる。』
これって、自然食品のお店等では常識なんですよね・・
            (本当に私は知らなくて恥ずかしいんだけど)
で、うちの病院ではそういうのを使っているかっていうと
そうではなく、普通の(???)市販の製品を使っているんだよな・・・
        でも、人間誰でも、本来の味噌醤油の方がいいよな・・・
posted by: いつき | マクロビオティック | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
葉瀬中とも子さん・・・
留守にしていたら、その間友達に貸していた本を、返しに来てくれていた。

葉瀬中とも子さんの「魔法の小石を探して」。
去年、少しの間、マクロビオティックの料理教室に通っていたとき、
そこのお店で購入したもの・・。マクロビオティックの料理もとても不思議な世界で、
私には、なかなか極められないものだなあ・・と思う。

多分、本当によいもので、それを実践していくと
人間を超えた、仙人のような体や精神になっていくのではないかなあ〜
と感じる。マクロビオティックのとおりの食生活には、なかななれないんだけど
料理教室で玄米を炊飯器で炊く方法を教えてもらい
玄米を食べだしたら、体調がとてもよい。でるものがスッキリでる。
年末年始、親戚の家で過ごしていたため、1週間玄米を食べなかったら
腸の働きがにぶってしまった・・・・。
玄米を食べると朝の目覚めも良いんだな・・。何故だろう?

と、本題がそれてしまったが、葉瀬中さん。
ヨガ教室の先生で、マクロビオティック料理の実践者でもある彼女によると、
誰の中にも、 ぴかぴか「魔法の小石」が隠れていて、それが霊の本質「神性」であると。
この神性は、肉体の下(霊のマント)にかくれている。
霊のマントをぬぐのにてこずると、なかなか神性にたどりつけない。
血液の質が低下してくると、霊の振動も粗雑になり、マントはぬぎにくい・・。
食べるものに気をつけ、ヨガやウォーキングをすると、マントはぬぎやすくなり
神性を手にいれやすくなり、とにかく、疲れない・・・・楽しい
又、そんな彼女は  植物 植物や、動物と話ができる、と。

この話を、(本を貸す前に)友達に話したら
「あ〜、カナダには、そういう人(植物と話ができる人)が、けっこういたよ・・・!」
この友達は、ご主人がカナダの方で、
サンシャインコーストという地域に住んでいたことがあったとのこと。
サンシャインコーストは健康志向の地域で、マクロビオティックの料理も盛ん・・・
                                と言っていた。

そっかー。そんな世界もあるんだなあ〜 わーい

魔法の小石を探して―本当の自分を生きるために
魔法の小石を探して―本当の自分を生きるために
葉瀬中 とも子


 
posted by: いつき | マクロビオティック | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-