Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
池田香代子さん(世界がもし100人の村だったら)講演会
この前、「世界がもし100人の村だったら」シリーズの(原案;ドネラメドウズ)
著者(編者?)の池田香代子さん講演会があり、聴きにいきました

印象に残ったことは、いろいろあるけど
)榲にそうかな・・?・・と思ったら
               自分で調べよう・・!

日本は治安が、どんどん悪くなる・・・
     というイメージをもたされつつあるような気がするが
     そう思い込ませて得をする人がいる!!
     いろいろな情報を鵜呑みにせず、自分で考える。

F本人は難民に冷たい。
そんな難民の方(アフガンのハザラ族)に、「なぜ日本に来たか?」と尋ねると
   1)TOYOTAに憧れていた
   2)日本のNGOは、わけへだてをしない
   3)日本人は、華奢で、体もごつくはないけど
     国にいたときには、最後まで逃げず、一緒にふみとどまってくれた。
 「そんな日本に逃げれば、きっと助けてくれる」・・と思ったそうです

と展途上国で初等教育を受けた女子は、受けない女子に比べ
    子供の数は半分となる。子供の数を少なくすることができれば
    貧困サイクルから抜け出すことができる。

ァ崕・子供は・・(おんな・こども)」という、
           少し見下した(?)ような言い方について・・・
    昔は、出産のとき、お母さんや、赤ちゃんがよく死んだ
    60年前の日本では、48人に1人が死んでいた
    その悲しみを和らげるため、悲しいココロの訓練として
    子供は、又、生めばいい  女は、又、もらえばいい
    ・・・といいきかせ、「おんな・こどもは・・・」という言い方になった
 
<感想>
「日本が悪くなる!!」と言って、トクする人って・・ 
                       誰だろう??
 自分の住んでいる、日本のことについて
 右とか、左とか、赤とか白(?)とか言わずに、枠組みとかなくして
 もっと自由に、はなせるといいな・・と、思います。
                     世界のことも。
  今度、選挙あるけどね・・。
 皆、期待しているのだろうか?  政治とかって・・・


世界がもし100人の村だったら
世界がもし100人の村だったら

posted by: いつき | 講演会 | 12:25 | comments(2) | trackbacks(0) |-
食品添加物の神さま!講演会
この前、講演会に行ってきました。
講師は、食品添加物の神さまぴかぴか(安部 司さん・ 食品の裏側 の著者)
                                    です。
  ・・・ 要旨&感想おりまぜて・・・
食品添加物がでた当時は、食品会社・店・買う人等皆が喜び、儲かった。
安部さんは、食品添加物のトップセールスマンであった。

しかし、今では、
アトピー・切れる子・多動等の弊害がでている。
一つ一つの商品の含まれる添加物量が些細でも、
それが積もればかなりの量になっていくと・・。

そして又、好きなものが簡単に食べれる環境のため、
子供が、料理とはどれだけ大変なのか、時間がかかるのか、
そして、野菜はそれまでにどれだけ長い年月をかけてつくられるか、
などが分からなくなってしまったと・・・。

又、大人が「そんな、もったいないことをすると、ばちがあたるよ。」と言うと、
  子供は「それは何ですか?インターネットで見れますか?」との返答が・・・。

実験では何十種類もの粉から、
昔ながらのたくあんに、調合された数種の粉をまぜて、振りかければ
あっとゆうまに、きれいなたくあんに変身! ・・いつも買ってるなあ。

メーカーが、添加物の使用をやめると、消費者から、味がおちたとクレームがつく。
昔ながらの安全な製造方法では、品物が高価になり、どんどん店はつぶれていく。

何を選ぶかはそれぞれの自己責任で、
     何かの病気になっても誰もせめることはできない。

食品添加物の働きは、^造ぁΝ簡単・J慷・としい・ヌが濃い 
(これは、日本人の購買動機と同じであると。ちなみにΔ肋淕4限)

これの反対が、無添加であるとゆうこと。
つまり、高い・困難・不便・汚い・味が薄い
私達にそれがうけいれるのだろうか・・・・?悲しい

私達が変われば、メーカーもかわるという結晶
そして
私達、消費者は被害者意識が強く、すぐ犯人探しをする傾向がある。

又、言動と行動に矛盾(分裂?有言実行!バッド)の傾向があり、
   無農薬や安全な商品を真剣に、もとめないのに
       「その商品は危険だ!」「少しこげがある!」等、メーカーに文句を言う。怒り                                      (つまりどうでもいいことで、即、回収)
    または
   「安全じゃないといけない!」と言いつつ
      添加物の入っているものを食べている
   
食品添加物は便利さ等をもたらしてくれたけど、もうこれ以上使用すると
            今以上のツケが人間や環境にまわってくる。


誰が悪い・○○に責任がある・○○が悪いとゆう犯人探しではなく、
         それぞれがどのように判断をし、行動していくのか
               が、未来の環境地球・子供赤ちゃんを守ることになる、と・・・・

今まで、うちの子はアトピーじゃないから少々食べても大丈夫・・
と思っていたが、そこで添加物の需要を生み、結果環境と子供を汚していく・・
                 ポロリ私もそれに加担している1人・・!


食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司

posted by: いつき | 講演会 | 05:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-