Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ミッチーとの・・・・・
なかなか 「生 ミッチー」には会えなくて・・・
PCで いろいろ みて あぁ・・・・いいなぁ・・・・と。
今は コンサート終わったら すぐにいろいろ 情報がげっとできるので
         とても 便利〜☆
   いろんな 感情も わいてくるけど・・アセアセ

ミッチー いろいろ がんばってて・・・大丈夫かな?
映画 ドラマ コンサート レコーディング バラエティ・・・・

バラエティ・・・・
もう 今となっては かなわないことだけど
もし ご存命であられたら 
星新一さんと ミッチーの 対談・・を 聞き(見)たかったな〜
ミッチーの読む本は 私はあまり読んでいなくて・・・でも、
星新一さんは 共通して読んでいた本 本
(私は 小学校のころ 友達のお父さん(?)の影響で ちょっとだけよんだことある・・くらいだけど)
皮肉まじりで 風刺で・・・未来予想をしてたような・・・
今読んだら また違う印象を もつかな?

いまの社会について〜
星新一さんが いま生きていらしたら 何を 想い書かれるのだろうか・・
最新刊って いつくらいまで 発売されたのだろう〜???
   また 探してみよ 見る っと。




 
posted by: いつき | おもしろかった本! | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ザ シークレット
JUGEMテーマ:読書


いまさらながらだけど
ザ シークレット」読みました
以前 PCで そのDVD(前半20分)を見たことがあったんだけど

本屋さんに行って 思わず買ってしまった

”ポジティブに・・・”とか、”前向きに・・・・”とかって、言われても
「言われて そうなるなら とっくになってるよ」・・・という 
                         あまのじゃくな私ですが

この本よんで 一番 ピンときたとこ

自分は 磁石いいものしかこない・・と思ってたら いいものしかこない。
          (であう人々・物事・出来事など)
       悪いものが来る・・と思っていたら そんな(悪い)ものがくる。

これは 自分の中で 腑に落ちました

     私は 良い磁石、良い磁石・・・と思ってたら
               ホントにいいものしか こないんだよな〜〜〜

      ミッチーとか ラブ・・・ぁ、言いすぎ??


posted by: いつき | おもしろかった本! | 20:57 | - | - |-
「思い」と「実現」の法則
少し前から この本のこと 書こう・・と思ってなかなか 書けず。

ウォレス・D・ワトルズさんが 書いたのは1911年というから
          もう随分昔の ものなんだけど おもしろかったんです 

自己実現系の本は 家族から
「(読むだけで、実行しないと)おまえは買っても 意味がない」とか 
                 「お金の無駄」とか言われちゃうんだけど・・

でもね、読む本 読む本 (この本も) なんだか ミッチーぽくて???

「思い」と「実現」の法則
宇宙に存在するすべてのものは 間違っているものは何もなく(人間も環境も・・もろもろ全て)
それ自体が完璧な存在。ただ、宇宙はまだ完成の 途上。
いまいる世界は 発展段階。ただ間違っているのは 自分の態度のみ。

自分を 今いる場所で 偉大な人間と考えること
         そして 他の人も同じく偉大な人間
  
  (偉大な・・・っていうのは、
      ミッチーさんの「エレガントに・・・」っていうのと
                  通じると思うんだよな〜〜〜)

自分の偉大な魂の力をあらゆる行動に注ぎ込むことが大事
そして、本当の姿を家族や友人に見せる
家庭では、公平で 優しく 思いやりをもって・・・


    ・・・・って、家族に一番 やつあたり しちゃうんだよな〜〜〜

「思い」と「実現」の法則 (East Press Business)
「思い」と「実現」の法則 (East Press Business)
ウォレス・D. ワトルズ,Wallace D. Wattles,佐藤 富雄





posted by: いつき | おもしろかった本! | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
老子!!
なんなの?
山おんな 壁おんな」・・・
ミッチー(及川光博さん)&ぬっくん(温水洋一さん)は 
             ありゃ セクハラ大魔王’Sだな・・・

なんて 思いながら読んだ本
ほっ とする 老子のことば」  
詩人の 加島祥造さんの感性で 老子の 道徳経が 解説されてるんだけど。

これね〜〜。 ミッチーぽいの。 老子が。
  (ほんと? なんだか、最近あまりにもミッチーを美化しすぎているかな〜〜
                               と自分でも思う・・・)

ちょっと抜粋しちゃうと
  
『宇宙エナジーは すべてのものにゆきわたり その中で働くエナジー。
それを タオ(道)ともよぶ
そのエナジーをうけとめるためには 「いま ここ」で感じなければならない
それは「過去から来て 今にいたっている動き」と
                   「これから 先へゆく動き」との接点』 
 
                                      だそうです・・・

『そして、全てのものには  があるが、ついどちらかにかたむいてしまうので
             どれを調和するために タオの働きが必要だと・・・』
                                           二律背反でしょ??

『一般的にいえば社会的に価値のあるものを追いかけ 世間にあわせて仕事をするのが常識です。
反対にココロの声に従って行為した人々は仲間はずれになって苦労をします
だからそんな腹の虫のような頑固なものは抑えて、世間の価値に従う、そして世間に迎えられる・・・
それは誰もが踏む道でありそれでもいいとも思います。
しかし時には自分の中にある喜びに従って生きてみる
そんなバランスから 私達はほんとの生きがいを感じるんですね』

                ミッチーっぽいでしょ??                  
                     あ〜〜
                        あまり深く考えないで!!


ほっとする老子のことば―いのちを養うタオの智慧
ほっとする老子のことば―いのちを養うタオの智慧
加島 祥造
posted by: いつき | おもしろかった本! | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
A・NO・YO(江原啓之さん)
江原啓之さんの、「A・NO・YO」読みました。
          アノヨ、あの世・・・です。(講演のCD付き!!)

10年前なら「そんなのありえないよな〜〜びっくり」と思ったのは
まず、最初に
聖心会(みこころかい)のシスター鈴木秀子さんと、江原さんとの対談が載っていること・・。

昔(ちょっと前?)なら、今ほど「霊」について理解ない・・とゆうか、
キリスト教のシスターと霊能力者
(←江原さんは、この言葉はあまり好きでなく、
      あくまでも、スピリチュアルカウンセラーっておっしゃってるんだけど)
   って、その関係は?・・みたいな・・感じだったのでは・・?ワカンナイケド。
今はメールがあって、人が、離れていても意思を交換できるようになっているので
テレパシー(?)とか、霊能力とかって、うけいれやすいのかな?
                    (私が、その典型的一般例です・・)

そして
食事については、江原さんは、乳製品はお薦め派!の様子!
マクロビでは、あまり薦めておらず・・・これも、個人的にどっちだろう・・?
                    と悩む毎日・・・(って、大げさ?)

そして、「病は悪ではない・・」と。

私の勤め先から、考えるとなかなかそんな風には、考えられないんだけど・・。
そして、今、自分自身風邪の影響で、鼻つまってて、味がなんにもわからなくて、
             ペットボトルから水をのもうと思っても苦しくて飲めず、
「癌の患者さんが副作用で、味がわかりません」・・といわれるのが
     その辛さは「自分も体験しないとわからないんだ」・・・改めて思いました。

本当は、いろんなこともっと書きたいけど、
               全部かくと著○権違法になっちゃうからこのへんで!
そう思ったら、今までのブログ、内容書きすぎ?
でも、魂系の本って、1600円とか2300円とかしちゃうなか
                    CD付きで1000円は安いと思うの・・。
斉藤一人さんが
いいな〜と思ったものは7回読むか、聞くかしなさいといわれていたので。
                        このCDを、7回聞いてみま〜す。

あ!そうそう、なんだか同時に他の本も読んでたから
この本に書いてあったか忘れちゃったんだけど(←いい加減だな)
「はやって、すぐ、すたるもの」というのは、気の量が少ないんだって、よ〜!!
                                ミッチー!!よかったね!!?
A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌]
A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌]

posted by: いつき | おもしろかった本! | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
7回読んだ!ツイてる話(斉藤一人さん)
7回読んだよ!!
    「ツイてる話」(斉藤一人さん)

7回読むのに、
最初読んだときからすると、半年くらいかかったかな〜?
         7回読んだら、必要なときに必要なことができると・・。

最初、よんだとき
  「ツイテル」を毎日唱えて
  「すべてのよきことが、あなたに雪崩のごとくおきますように・・」
                       を念じよう・・と思ってたけど
日々にかまけて、忘れることしばしば・・・・。
この前、7回目を読んで、また思い出した。

7回読んで、何かかわったかな?
ん〜〜〜。前よりも前向きになったかも
               いや、前向きになった。楽しい

「ツイテル・ツイテル」
   「あなたに
        すべてのよきことが
             雪崩のごとくおこりますように・・」
posted by: いつき | おもしろかった本! | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-
全身「からだ革命」  草刈民代
買っちゃったよ〜
帯につられて・・・
全身「からだ革命」・・だって、40歳、20代よりからだが動く・・
           って書いてあるんだもん・・・魅力的・・・指輪

著者は映画「シャルウィダンス」でもお馴染みの
  バレリーナ草刈民代さん。草刈さんはストイックな人だ・・。
  若いときは、稽古のしすぎ、体のことがわかんなくて体の故障続出。
  ここ10年、食事をかえ、体を知り・・体&ココロがかわったと・・。

それにしても・・・、血液が造られる場所って・・?
  「西洋医学では骨髄
   東洋医学ではでつくられていると考えられている・・」
    って・・・どっちなんだろう!!!骨髄?腸?どっち?・・どっちもか?!

全身「からだ革命」
全身「からだ革命」
草刈 民代

でね、買っちゃったよ・・
「吾輩は主婦である」のシナリオ本も・・。
                 (ATMに、行きました・・・)
DVD買ったし、「これだけは買わないだろう」と思ってたのに
本屋さんでふと見たら「あ〜、ここにおいてあるのも、いつまでかな〜」
なんて思ったら悲しくなって、手にとり
上巻の最後みたら、
    みどりちゃん(斉藤由貴さん)と宮藤官九郎さんの往復文書がのってて・・、
ってことは下巻は・・?
    やっぱり、たかしくん(ミッチー)と宮藤さんのがのってて。ついつい。

  宮藤官九郎さんへ   ワインは、高級なものでも、「添加物がはいっているもの」は酔うんだって
   無添加で、添加物の入っていないワインや、
   原料が有機栽培オーガニックのものは
        酔わない・・・って、何かに(何だ?)書いてありましたよ・・!
                 (って、宮藤さん・・・ココ読むことないかなあ・・)
吾輩は主婦である〈下〉
吾輩は主婦である〈下〉
宮藤 官九郎
吾輩は主婦である〈上〉
吾輩は主婦である〈上〉
宮藤 官九郎
posted by: いつき | おもしろかった本! | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ああ正負の法則(美輪明宏さん)
ああ正負の法則
ああ正負の法則
美輪 明宏

ああ正負の法則(美輪明宏さん)読みました

この本を読んで思い出すのは、
小学校1年生(2?)のときの担任の先生が
「昔の人は、人生は縄の目のごとし・・・といいました。
 なわは、2本のひもがからんであるんだけど、それを、いいこと・悪いこと
 としてみると、いいこと・悪いこと・いいこと・・が順番にくるのです」
黒板に絵を書いて説明してくれた。
授業中の脱線だったかな?でも皆おもしろがって聞いてたな。

この本で合点がいかないのは「人づきあいは、腹6分目に・・」ということ。
私は130%タイプだ。
それだから、お互い理解できないときのダメージは大きい。
でも、人が他人である限り100%理解はありえないし、
ヒトは自分と違う・・・といことをもっと意識しなくちゃイケナイのかも・・・。
posted by: いつき | おもしろかった本! | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
「神様は、ハーレーに乗って」 ジョーン・ブレイディ
最近、魂・・とか、霊・・とかの本を読む機会が多い。

でも多分、これがいつごろから始まったのかな〜と考えたとき
思い出すと、この本からではないかと・・・。 (聖書とか、お経とかは別として・・)


「神様は、ハーレーに乗って」
  著:ジョーン・ブレイディ
12〜3年位前?に買った本で、an−an(だったかな?)の書評でみつけた本。
まだ、携帯電話もインターネットもメールも一般的でなかったときの話で
            魂のことが、ずばり書いてあるわけじゃあないんだけど・・。

で、”この本みたいな人(?)”にであって、
その人のお誕生日にこの本をプレゼントプレゼント  しようと思って探したら、
 今は絶版なんだな。 なんて安い値段になってるの?
その人には、私が読んだ本を、中古だけど・・・プレゼントしてしまった・・・・。
posted by: いつき | おもしろかった本! | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
いのちが危ない!(江原啓之さん)
「私が、お金を持って本屋さんへいく」ことは、        
        バッド原則的に禁止とされている・・・。
なぜって、かたっぱしから買ってしまうから・・。
な〜んて、・・・・一応自制心はあるけれど、
        「(この本と)であってしまった〜」とかなんとか、
                      こじつけて、買ってしまうことも多い。
        スポーツ洋服なら3000円以上は躊躇しちゃうのにな〜。

今日、買ってしまった本。前々から気にはなっていて、
今日「買って〜、買って〜・・」と魂の(本の?)叫び(?)が聞こえたので
買ってしまいました。
    『いのちが危ない!』 (江原啓之さん)

生きてれば、誰しも1回は(何回か?)は考える、”自ら命をたつ”ということ・・・。
        そんな人に、ぜひよんでもらいたい本・・・とのこと。
        また、まわりにそんな人がいた方にも・・・ぜひ。
        全くそんなこと、関係のない人にも・・・縁があれば・・・ぜひ。

私も、実行こそ、しなかったが、今こうして生きていられることを
                          不思議におもうことがある。

  かわいい今日は午後11時30分から、「僕らの音楽」(フジ系)ムード
              スガシカオさん&ミッチー登場だね〜〜〜!!

いのちが危ない!―スピリチュアル・カウンセラーからの提言
いのちが危ない!―スピリチュアル・カウンセラーからの提言
江原 啓之
posted by: いつき | おもしろかった本! | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-