Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
カレンダー マヤカレンダー&コズミックカレンダー
  2001.9.11
    の アメリカの同時多発テロ以来(その前から?)
      「仏教と キリスト教はどちらが正しいか?」
            なんて議論は もうされていないと思って 書くんだけど

私の部屋には 年末にもらった いろんなカレンダーが はってあります

そしてそのなかに マヤのカレンダーもはってあります
世界史も日本史も社会も 理科も嫌いな私でしたが
ミッチーベイベー(注;ミッチーのファンの方)からマヤのことを教えてもらって
                      おもしろいな〜〜〜 楽しい と思いました 
       (ほんとに ミッチー知ってから・・広がる 広がる・・)

最初に知ったのは、コズミックカレンダー.
  (注;コズミックカレンダーを マヤカレンダーと呼んでいいのか
                        正直・・私には わかりません)
これは、マヤ文明をいろいろ研究しているホゼ・アグエイアス博士の提唱しているカレンダーです。
日本では柳瀬宏秀さんが著書「マヤの叡智と日本人の魂の融合」に詳しく内容をかいておられます。
この本を読んだ時「おもしろい!!」と。
自然は28日周期が基本・・・地球 月とか生理とか・・で、それを意識すると、体調もよくなるし、
自然に優しい生き方ができる・・・。(とってもおおざっぱな解釈でごめんなさい)
というようなものでした。
又、柳瀬さんの日本人の自然に対する感性がとても素敵に描かれているな〜と感じました
「コズミックダイアリー」という日記もあり、それは
               28日周期で日記をつけていくというもの。

今一般に使用されている太陽暦では12ケ月ですが、
コズミックカレンダーでは 28日×13ケ月。
1年365日を28日で割ると、1日残りますが、それを7/25に「時をはずした日」として、
世界のいろんなところでお祭りが開催されるそうです。
日本でも、今までUAさん たちも コンサートを実施されたと!!
新年のはじまりは(惑星の配列の関係だったかな?・・)その次の日7/26としているそうです。
で、13ケ月の名称も「惑星の月」とか「水晶の月」とかとてもオシャレなのです。

そして独特なのは
13ケの「銀河の音」、20ケの「太陽の紋章」よりそのくみあわせで
「銀河の署名」をみつけだすことができ、生年月日よりそれぞれの傾向(?)を調べることもできます。
そして、13×20=260種類の「銀河の署名」が、毎日設定されています。
例えば2007年5月22日は スペクトルの月 銀河の音「月の」 太陽の紋章「赤い月」
                               となります。
それぞれに意味があるそうです。

で、これはおもしろい!!と思って身の回りの人に話していたら
違う解釈をしている人にであいました。

                        (5/23へ 続く・・・・)

posted by: いつき | 古代文明 とか | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:16 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://hiromitchy.jugem.jp/trackback/173
トラックバック